2012年10月30日

プラグの交換

一般的なプラグの寿命は2万から3万km程度。

これを超えても急激にエンジンの調子が悪くなるわけではないが
燃費の悪化やパワーダウンは起こっている。

遅くとも5万kmごとには交換したい。


最近では新車時から白金プラグを使用しているクルマも多い。

電極が丈夫で汚れがつきにくいので、10万kmを超える耐久力がある。

15万kmあたりまで使えることもあるが、
長く乗り続けたいなら10万kmで交換したい。

ただし、市販の白金プラグのなかには電極にしか白金が使われていないものがある。
この場合、寿命は一般的なプラグと同様、遅くとも5万kmごとには交換したい。
タグ:プラグ
posted by 車也 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プラグ