2012年11月08日

タイミングベルトの交換

タイミングベルトはVベルトと違って、エンジン内部にあるベルトだ。

クランクシャフトの回転をカムシャフトに伝え、バルブの開閉を行っている
とても重要なもので、冷却系統のウォーターポンプも駆動している。

交換の際にはエンジンを分解しなければならないので費用がかかるが、
さすがに丈夫に作られている。

それでも10万kmを超えると不安が出てくるし、
切れてしまえば、その場で走行不能になるし、
最悪、エンジン内部の損傷が起きてしまうので、
10万kmでは絶対に交換したい。

7万〜8万kmで交換してもいいぐらいだ。


また、中古車営業をしてきた経験から、
軽自動車やコンパクトカーはメーカー指定は普通車同様10万kmだが、
それより短い距離でタイミングベルトが切れるなどのトラブルがあった。

普通車より短めの距離の時点で交換することをオススメしておきたい。

posted by 車也 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイミングベルト