2012年11月02日

冷却系等の交換

ラジエーター液を流しているラジエーターホースは、劣化して硬化すると
走行中の高温時に破裂し、オーバーヒートを起こす。

寿命の目安は10万kmだが、点検しやすい部品なので、
状況を見ながら交換時期を決めよう。


一方、水温を調節しているサーモスタットは、整備状況でかなり寿命が変わる。

点検して交換を決めるという考え方もあるが、点検も交換も同じ程度の手間であるし、
部品代もさほど高くないので20万km乗るというのであれば、10万kmで交換してしまえばいい。

この時期にはウォーターポンプもしっかりした点検を受けたい。
タイミングベルトを交換するなら、同時に交換するのがベターだ。

posted by 車也 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 冷却系部品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59606956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック