2012年10月28日

走行距離別チェック 10万km

10万kmを走行すると、さすがに各部が痛んでくる。

消耗品は一通りの交換が必要だ。

費用のかかる交換もあるが、10万kmあなたを乗せて走ってくれた
あなたの愛車へのご褒美と思って、クルマ全体のオーバーホールと考えて実施しよう。
(あなたの愛車へのご褒美=あなたへのご褒美、でもあるのだから)


プラグ(寿命の長い白金プラグもそろそろヤバイ、交換しよう)

タイミングベルトもメーカー指定距離なので交換。
タイミングベルトは、エンジン内部に組み込まれているので劣化の具合は確認できないので、
エイヤッで交換。
冷却水を循環させるウォーターポンプもタイミングベルトと同時に交換したい。

ラジエーターホースも劣化している。
突然、破裂するとラジエーター液がもれ、エンジン始動できなくなる。

サーモスタットも交換。

ATF、デフオイルなどの油脂類も交換しよう。

オルタネーターのブラシとベアリングも発電の要。
交換かオーバーホールを行いたい。

ブレーキロータもすり減ってきているので、研磨あるいは交換。
ブレーキマスターシリンダーやブレーキキャリパーのオーバーホールも併せて行い、
ブレーキ性能を復活させたい。

これ以外にも、パワステフルードやフューエルフィルターも交換したい。

また、ホイールベアリングや、ステアリング系統のタイロッドエンドやダストブーツなども
交換を前提にして点検を受けたほうがいい。




欧州車、アメ車バッテリー

posted by 車也 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 走行距離 10万km
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59606942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック