2012年10月28日

走行距離別チェック 7〜8万km

交換したいものは次のようなパーツ。

10万kmまでもってしまうものも多いが、路上トラブルを未然に防ぐためにも早めに交換しておきたい。
10万kmを超えても乗り続けるつもりなら少し早いなと思えるものも交換しておくと安心できる。

特にゴム製の部品は少しずつ劣化が進んでいくので要注意。



プラグは5万kmのときに交換してから2〜3万km走っているので交換。

Vベルトなどもゴムが劣化して、ひび割れしていたりするので交換したい。


足回り関連も交換しよう。
交換することで、安心感と同時に新車時の走行性能に近づける。

ショックアブソーバー交換をするときにはサスペンションのブッシュの交換がオススメ。
同時に交換することで、ショックアブソーバーの性能が発揮できる。

ブレーキホースも、劣化してブレーキオイルが漏れ出していたら大変だ。
ブレーキが効かなくなっちゃうぞ。



posted by 車也 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 走行距離 7〜8万km
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59606941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

オデッセイRA6のブレーキオイルの交換について
Excerpt: オデッセイRA6のブレーキフルード(オイル)の交換は2〜3年に一度の定期交換です。ブレーキオイルは、ブレーキ作動に伴う摩擦熱によって劣化します。劣化が進み交換しないと、ブレーキが効きにくくなり運転する..
Weblog: オデッセイRA6@【HONDA】オデッセイRA6情報屋
Tracked: 2007-08-10 20:17